RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

メッセージ

<< 4・29 | main | 5・20 >>
4・30
0

     

    考える脳みそを完全に無くした、白雉達がおしゃべりをし、何やら笑っている。

    なにが、そんなにおかしいんだ?


    そう、死は、自分の座っているソファの床から立ち上がりゆっくり自分の体を包み込む。

    霧の様なベールがまとわりつき、呼吸を静かに圧迫し始める。


    一旦全てが無になってしまった世界から立ち昇る、地球上、初めての日の出の様な真紫の空が見える。


    感情などそこには存在しない。

    空気は澄み渡っている。

    やがて、何も見えなくなる。


    | - | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    ダセークソポエムだな!
    タイに行ってSW一人一人に謝罪しろよ!
    お前にはできねーだろ!
    だから死ね!
    | 山田十三 | 2015/01/13 4:27 AM |










    http://blog.ohashijin.com/trackback/1091045