RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

メッセージ

<< 3・14 | main | 3・23 >>
3・15
0
     人生には良い事と悪い事しか無く、その完全に中間て言うものは存在しないようだ。結局あるとすれば、どちらかと言えば悪く、どちらかと言えば良い、そういったものだろう。小学校の時理科の授業で、先生がこの世に存在する物質で分割できないものは無い、どんなに小さいものでも、延々と分割し続ける事が出来ると言っていたのを思い出す。生きているか、死んでいるか。それだけの世の中なんだろう。便所で20年も前に死んだ人の書いた文章を毎朝読んでいるんだ。町には死んだ人の作った音楽や建物、洋服だってあふれている。道を尋ねて親切に教えてくれたおばあさん、もう彼女と今生で会う事は無いだろう。お互いそれが最後の瞬間、最後の瞬間の連続の中で、生者が死に囲まれてい生きていてふと気がつけば、さっき生きていた人間がもう死んでいる。生きている人間は、一生懸命だ、一生懸命に生を謳歌しようとして、なぜか意味の分からない仕事に明け暮れ、必死にテレビを見たり、人のうわさ話をしたりしている。人は頑張っている。きっとそうだろう。しかし、もっとやれただろう。地面にやっとはい出して1週間で死んで行く蝉と、90億年がんばって死んで行く地球、どちらも、最後はもう終わっちまうのかよ。と同じ感想をぼやくだろう。なんて面白いんだろう。どれも同じなのだ。終わって行くのだ。すべてが。そして何かのきっかけで始まり、また終わる。昨日飲んだホッピーの黒セットとテーブル、自分のすわっている椅子ごと宙に浮かび上がって、居酒屋の客ごと、世田谷ごと、地球ごと真っ暗な穴の中に吸い込まれて行くのだ。なんてことだ。クソをして、税金を支払いに銀行にいかなくちゃ。

    | - | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    わたしのおとうとは南極とかに行くことがあります。温暖化で夏がいままでより暑いって言ったら アーでもまた氷河期もくるし。っていいます。南極で隕石みつけると興奮するそうです。話合わないけど兄弟です。意味なく酒のんで何にも感じなくて生きてる人も沢山います。生ホッピーをだす居酒屋もあります。税金払うとき、使い道を指定できるといいなっておもいます。お疲れさまです。
    | mako | 2013/03/15 10:30 PM |

    ですよね。
    | おおはし | 2013/03/23 4:05 PM |










    http://blog.ohashijin.com/trackback/1091041