RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

メッセージ

<< 10/4 | main | 12/9 >>
11/22
1
 今日で39才だそうだ、フェースブックなどで色々な人が教えてくれる。おかげで、子供の頃は自分の親ですら忘れていた様な事を、ここ数年誕生日になると、ばっちり認識する様になった。若い人には若い人の言葉が、年寄りには年寄りの言葉が、それぞれの世代にはそれぞれの言葉が有り、コミュニケーションがるんだろう。それぞれの世代感で同世代として繋がっている部分が人にはある。歳を聞いただけでお互いの大体の想像がつくと言う事はよくある。しかし、それがいったいなんだと言うのだろう。想像がつくから、分り合える?安心出来れば繋がり合える?何故繋がりを求めるのか、人が人に興味を持つのはごく自然の事だと思う、繋がった先で自分のお楽しみの領域を広げられれば楽しいだろう、しかし、今は自分が選んだ安心スポット領域のみを掘り下げているだけで、自分の新しい領域を広げている様には感じない。自分の枠の外へ。自分の枠を超えてさらにもっと知らない領域へ繋がりを求める。その事の方が、自分の人生においては豊かで楽しい事だと感じている。自分を壊す。また壊す。そしてつくる。また壊す。つくる、それの繰り返し。最後まで。いかなる形も、スタイルも、世代も、すべて無くなればいいのになと、思う。

| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.ohashijin.com/trackback/1091019