RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

メッセージ

| main | 10/10 ホームページのはじまり。 >>
4/13
0
     子供の頃、銭湯に行くのが好きで、友達と行く事も多かったが一人でも近所の銭湯によく歩いていったものだった。ある日のまだ明るい夕方、開店直後の銭湯だった、その銭湯は一番奥に大きな浴槽があり、その浴槽に向かってまず両サイドの壁に向かって洗い場が並んでいて、やはり浴槽に向かって中央に人が両側から座れる低い壁の洗い場が一列ある、かなりオーソッドックスな形をしていた。脱衣所から風呂場へ入った瞬間に浴槽に向かって左サイドの壁側の洗い場に、背中一面の和彫りの入れ墨が目に入った、男は入り口側であるこちら側に背を向けたかっこうで、大股を開いてうんこ座りの様な形でしゃがみ込んでいる、相撲の立ち会いの様にもみえる。その体制であごを思い切り突き出し微動だにしていない、そして、これまた全身にびっしりと入れ墨の入った男が、同じ様に大股開きのうんこ座りで、その真向かい同じ様にしゃがみ込んで、顔がぶつかりそうな距離でお互いを凝視している。トラブルの匂いが満ちていた、その時銭湯の中に、そのヤクザ二人と、まだ毛が生えていない小学生の自分と3人しかいなかった。何かが、はじまりそうだった。いやもう始まっているのかもしれなかった。浴槽に向かって恐る恐る彼らの横を通り過ぎようとしてもう一度よく二人を見ると、一人のヤクザが一人のヤクザの髭を剃っていたのだった。鬼の形相で。二人してしゃがみ込んで。弟分が、兄貴の肌を傷をつけてはならないと必死の形相で剃っていただけだった。それにしても、なんで兄貴分まであんなに力を入れて前のめりにしゃがみ込んでいたんだろう。なぜ人に剃らせたんだろう。裸の男同士のからみ、入れ墨と入れ墨の絡み、兄貴分と弟分(たぶん)の絡み、そこにいた二人のヤクザという組社会と、たまたま入って行った毛も生えていない小学生のボク、という一般社会との絡み、ただまるっきり違うもの同志が居合わせただけだった。刑務所の風呂場ではあたりまえの光景だったのかも知れないが、その頃のボクには想像すら出来なかった。ただ、その模様の事をさっき思い出した。

    | - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ohashijin.com/trackback/1091009