RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

メッセージ

<< 10/10 ホームページのはじまり。 | main | 10/13 >>
10/12
0
     5月のはじめに、書店に並んだ「いま」という私にとっての二册目の写真集ですが、9月はじめ頃には、各書店等でほぼ在庫がなくなり現時点では初版2000部は完売の形となっていて、第2版をかけさせて頂く運びとなりました。
     本体価格、5000円、消費税別、けして安い本ではないと思う。そして、内容に関わらず物体として重たく、そこそこ大きい、持って帰り、置き場所の事も考えると、買う事自体にためらいを感じた人も少なくなかったのではないでしょうか。それもふまえ、ご購入頂きまして、誠にありがとうございます。
     って、車のセールスメンの方みたいですが、97年夏頃から2004年春頃までの私の6年半ほどが集約されているのが「いま」という本です。自分自身誰かの写真集を買って家に持ち帰るということは稀なこと。家に写真集を持って帰るという事は、戸棚の奥にでもしまっておかない限り、目に見える場所にその本を置いておくというのであれば、それは毎日一瞬でもその写真集が目にはいる訳で、ある意味その本と生活をともにするという事になり、撮影者も写真と一緒になって、持ち帰られた先の空間にどっかと腰をおろしてしまう、作品の内容にもよる所は間違いなく大きいのだが、それを、自分の、生活の空間に受け入れる人たちとは、実はかなりの体力の持ち主なんだと思う。


     私の写真で、家に持ち帰れるのは2冊の写真集だけではない。最近、福岡でやらせて頂いた個展をかわきりに、以後、自分のプリントを、シリアルナンバーを付けてきちっと管理しながら、販売して行く事にしました。2冊の写真集「目のまえのつつ”き」「いま」の中で発表した作品に限るのですが。興味のある方は、ご連絡下さい。
     
     連絡先、、姫野、、090ー9542ー5111、、姫野氏は、写真家としての私の現在に至るまでを、出版社である青幻舎に身を置きながら、二册の写真集を通して、私に近い位置で見ており、今後しばらくは、作品の管理を中心に写真家大橋仁としての活動のマネージメントをして頂く事となりました。以後お見知りおきのほどを。

     ややこしくも、簡単な話ではありますが、大橋仁の私的な、個人的な、作品制作以外の、カメラマン大橋仁としての活動に関して、姫野氏は一切、関知しておりません。

     つまり、私、大橋仁の私的、個人的、ではない作品に関しましては今までどうり、直で、私自身が対応させて頂きます。

     最後になりましたが、第ニ版は12月中旬には書店に並ぶ予定であります。















    | - | 03:39 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    http://dulin05.blogspot.com&#28961;
    | 635 | 2007/05/17 4:11 PM |

    http://kazakov08.blogspot.com
    | adaware | 2007/06/13 8:24 AM |

    http://kazakov09.blogspot.com
    | bankofamerica | 2007/06/13 10:50 AM |










    http://blog.ohashijin.com/trackback/101638